最近のエントリー

もっと前のブログを見る

クリニックブログ

☆知覚過敏☆

■ 知覚過敏とは?
虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には、「知覚過敏」の可能性があります。

このように歯が削れているのが、知覚過敏の特徴です!



■ 知覚過敏の症状
知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。

また、知覚過敏の場合は高頻度で「楔状欠損」が見られることも特徴の一つです。

何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。



■ 知覚過敏の原因
知覚過敏の原因は色々ありますが、共通していることは何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。(正式名称は「象牙質知覚過敏症」と言います)


[知覚過敏の原因]
  1. ブラッシングのやり方に問題がある
  2. 歯周病や歯肉炎が原因
  3. 歯ぎしりや噛み合わせが原因
  4. 歯科治療が原因(特に歯石取り)
  5. 実は知覚過敏ではなく虫歯

が見られることも特徴の一つです。

何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。

まずは初診相談にお申し込みください。